コンセプト

お仏壇の役割

 少し昔の頃には、家にはお仏壇や神棚が必ずあり、神仏に手を合わせ、ご先祖様を供養するのがあたりまえのことでした。ところが、生活環境の変化により、お仏壇や神棚を置かない・置けない家庭が増え、それとともに手を合わせる習慣も希薄になってきています。

 お仏壇の果たしてきた役割とはなんだったのでしょうか。ご本尊やご先祖様を祀るという形式的なことは本質ではなく、心静かに手を合わせ、自分自身や家族を見つめ直す時間を過ごし、心をリセットし新たな活力を得る、こうしたこころの癒やしこそが本当の役割ではないのでしょうか。

  • 毎朝、お出かけの前に手を合わせ、今日なすべきことを確認することで、その日一日の過ごし方が充実します。
  • 毎夜、おやすみ前に手を合わせ、一日の出来事を振り返り、 明日からの生活に活かします。
  • 誕生日や記念日に手を合わせ、これまでお世話になった方々に感謝し、次のステップへ踏み出す心構えを築きます。

 自分ルールの作法やタイミングで、自由なかたちでお祈りをしてください。きっとこころに癒しのひとときが生まれます。

自由壇への想い

 めざしたのは、自由な祈りのかたち、毎 日の暮らしの中での新しい祈りのアイテム です。時代の流れとともに変わっていく仏 壇の新しい姿。ただ純粋に祈る気持ちを大 切に考えて、ユーザーが祈りたい思いのま まに自由に手を合わせられる、それが柒+ が提案する自由壇たちです。

 どこにでも置いていただけるコンパクト なサイズ、現代のインテリアに溶け込む素 材感を活かしたシンプルでモダンなスタイ ルの様々なプロダクトたち。どうかあなた の感性にぴったりの自由壇を見つけ出して ください。自由壇を身近に置き、こころ豊 かな暮らしを過ごしませんか。

彦根仏壇彫刻部門伝統工芸士 井尻一茂

自由壇を創り出す湖の国の伝統技術

彦根仏壇350年の伝統技術

 日本一の湖、琵琶湖のほとりにたたずむ旧城下町、彦根市。この地で350年の歴史を持つ彦根仏壇を生み出してきた職人達。彦根仏壇の起源は遠く徳川時代中期とされ、武具、武器の製作にたずさわっていた塗師、指物師、錺(かざり)金具師などが平和産業としての仏壇製造に転向したのが始まりといわれています。

工部七職

 彦根仏壇は、「工部七職」といわれる「木地師」「宮殿師」「彫刻師」「漆塗師」「金箔押師」「錺金具師」「蒔絵師」の七種の職人が、分業により一つ一つの部品を心をこめて手作業で仕上げていきます。「柒+」のプロダクトは、その技を受け継いだ現代の職人たちが作り出しています。仏壇の装飾部に、のみや小刀などを駆使して、丹念に彫り上げていく彫刻師。ケヤキ、桧、杉などの木材を目利きして、仏壇の本体を造り出す木地師。こうした高い技術を持つ国指定の伝統的工芸品「彦根仏壇」の伝統工芸士たちが、材料を厳選し、すべての工程を一つ一つ丁寧に、心を込めて手作りしているのが柒+のプロダクトたちです。

信楽焼窯元 葛原章年
黒壁ガラススタジオ作家 浅井千里

コラボレーション

 信楽焼や黒壁ガラススタジオとのコラボレーションにより、従来の彦根仏壇の殻を破った斬新な製品を発信しています。ガラスの位牌の「kasanei」は、彦根の北に位置する長浜市に平成元年に生まれた黒壁ガラススタジオで、吹きガラス技法により一つ一つ手作りで作られています。

柒+デザイナー 乾 陽亮

丁寧に生み出される神聖な場

 多様な価値観がある中でも、「祈り」という行為それ自体は神聖です。それを支える場を人の手で丁寧に生み出すことは、原始から続いてきた人の営みのひとつでしょう。

 ナナプラスが提案する祈りの場は様々な形が並んでいますが、ひとつひとつ彦根の職人が丁寧に組み立てたものです。その祈りの時間を支えようとする職人たちの気概は、伝統的工芸品・彦根仏壇を生み出す誇りと何も変わりません。私はその脈々と続いてきた人の営みに敬意を払い、少しだけでも手助けをさせていただけたことを誇りに思います。

身近に置く一生ものの祈り

 大津市在住の水上さんは、住宅のリフォームを期に大型の仏壇から自由壇に置き換え、置き場所も仏間からリビングに移されました。リビングという身近な場所に置くことで、自分で育てたお花を飾ったり、お孫さんがお供えをしたりと、家族でお祈りをする機会が自然と増えたそうです。「テレビで紹介されている自由壇を見て、まさにこういうものが欲しかったとすぐに注文。サイズの変更にも柔軟に対応してもらえ、仕上げも丁寧で大変気に入っている。柒+にはいろいろなスタイルの自由壇があるのがいい、人にもお薦めしやすい。」そうおっしゃっていただいています。

 自由壇だからこそ生まれる身近な「祈り」。柒+は、手を合わせる事の素晴らしさを、ひとりでも多くの方々に自由壇を通じて広げていきたいと想っています。