コンセプト

お仏壇の役割

 少し昔の頃には、家にはお仏壇や神棚が必ずあり、神仏に手を合わせ、ご先祖様を供養するのは普通のことでした。ところが、生活環境の変化により、お仏壇や神棚を置かない・置けない家庭が増え、それとともに手を合わせる習慣も希薄になってきています。

 お仏壇の果たしてきた役割とはなんだったのでしょうか。ご本尊やご先祖様を祀るという形式的なことは本質ではなく、心静かに手を合わせ、自分自身や家族を見つめ直す時間を過ごすことで、心をリセットし、新たな活力を得ることこそが本当の役割だったのではないのでしょうか。

新しい祈りのかたち

 現代の生活に溶け込む新しい祈りの対象を身近に置き、心豊かな暮らしを過ごしませんか。

  • 毎朝、お出かけの前に手を合わせ、今日なすべきことを確認することで、その日一日の過ごし方が充実します。
  • 毎夜、おやすみ前に手を合わせ、一日の出来事を振り返り、明日からの生活に活かします。
  • 誕生日や記念日に手を合わせ、これまでお世話になった方々に感謝し、次のステップへ踏み出す心構えを築きます。

 手を合わせる気持ち、万物への感謝や自分を見つめ直す時間の尊さに気付き始めた日本人。そんな今、仏壇造りに携わる私たちは、伝統技術を活かしながら、現代の生活に溶け込む新しい祈りの空間を提案します。

彦根仏壇彫刻部門伝統工芸士 井尻一茂
彦根仏壇木地部門伝統工芸士 大橋賢嗣

柒+を生み出す職人たち

 日本一の湖、琵琶湖のほとりにたたずむ城下町、彦根市。この地で350年の歴史を持つ彦根仏壇を生み出してきた職人達。「柒+」は、その技を受け継いだ現代の職人たちが作り出した新しい祈りのアイテムです。

 仏壇の装飾部に、のみや小刀などを駆使して、丹念に彫り上げていく彫刻師。ケヤキ、桧、杉などの木材を目利きして、仏壇の本体を造り出す木地師。円柱状の柱から屋根の瓦にいたるまでの細かい部品を手仕事で作り、仏壇のお屋根を造る宮殿師。

 こうした高い技術を持つ国指定の伝統的工芸品「彦根仏壇」の伝統工芸士たちが、材料を厳選し、すべての工程を一つ一つ丁寧に、心を込めて手作りしているのが柒+のプロダクトたちです。

信楽焼窯元 葛原章年
黒壁ガラススタジオ作家 浅井千里

コラボレーション

 信楽焼や黒壁ガラススタジオとのコラボレーションにより、従来の彦根仏壇の殻を破った斬新な製品を発信しています。ガラスの位牌の「kasanei」は、彦根の北に位置する長浜市に平成元年に生まれた黒壁ガラススタジオで、吹きガラス技法により一つ一つ手作りで作られています。